自宅の防犯対策に玉砂利を導入しましょう!

さまざまに利用可能です

砂利はうまく使うと、日々の草むしりをしなくて良くなるばかりか、見栄えがする外観にすることも可能なので侮れない資材です。また、防犯性にも優れているので、コンクリートやアスファルトまでお金をかけれない人も、砂利による対応をするのは一つの方法でしょう。

気軽にできる防犯対策

一軒家

準備するものや価格など

戸建ての防犯対策には様々な方法がありますが、その中でも手軽に実践できるのが玉砂利を敷く方法です。玉砂利を敷けば防犯対策になるだけでなく、庭をきれいに見せることができます。どうして敷くだけで防犯効果を得られるのか。それは玉砂利の上を歩くと音がするからです。空き巣などの犯罪者は音に敏感で、そういった対策がなされている家を避ける傾向があるのです。玉砂利を敷く際に準備するものはそれほど多くありません。玉砂利の他には防草シートや防草シートの止めピン、カッター、スコップなどです。手順は、まず敷く場所の下準備からです。雑草や小石などを取り除き、できるだけ平らにしていきます。その後敷地に合うようにカットした防草シートを敷き、ピンで止めていきます。あとは玉砂利を敷いていくだけです。自分でできるか心配な人は、業者に依頼すると良いでしょう。玉砂利の種類はいくつかあります。石灰岩を加工して作られている白玉砂利や、碁石の材料としても使用されている那智黒石があります。また表面がきれいに磨かれ、濡れたような質感の新那智黒石や園芸・造園などでよく使用される大磯も人気がある砂利です。価格は種類によって違います。例えば白玉砂利は、20キロでだいたい2000円ほどです。比較的高価である新那智黒石でも20キロで4000円ほどなので、それほど高いものではありません。比較的安くすむ防犯対策として、玉砂利はとても人気があるのです。

低コストで高い防犯効果

玉砂利を敷く防犯対策は、玉砂利を敷くだけで高い防犯効果が得られるため、危ないニュースを目にすることが多くなった今、とても人気の方法です。踏むと音がするから侵入がばれるという、とても単純な仕組みですが、その効果は絶大です。

敷く場所を選ぼう

防犯砂利は踏むと、かなり大きな音がします。この音によって、泥棒などの侵入者を撃退する事が出来るのです。防犯砂利を敷くのは、普段人気や人目が少ない場所をおすすめします。勝手口の裏や隣家との隙間などに敷きましょう。